ヒーティングサービスはプロフェッショナルとしてのプライドを持って高品質で価値の有る物造りに挑戦しています。

住宅の仕上げが近くなると色んな業者が現場に出入りします。

その業者がかち合わな様に工程表が有りますが工程表は天候までは考慮してくれていません。後ろの業者が詰まっていれば雨が降っても仕方なく現場作業をしなければいけないのです。

床暖房ボイラーは機械ですから内部に雨が入ってはいけません。
オイルタンクも雨が入ってしまえば内部が錆びてしまいます。

ヒーティングサービスでは
どうしても雨の日にボイラー取付工事をしなくてはいけない場合には写真に有る様にテントを張って機材を濡らさない様に細心の注意を払って行っています。

雨の日の工事だからと言って工事品質を落とす事は許されないのです。

Heating service
部材にこだわり、特殊な工具を揃え、工事品質を磨き、壊れない床暖房を造り出す。