三菱の床暖房ボイラーはVKH-50KU、VKH-60KS、VKH-100KS、VKH-110、VKH-150KRを交換しています。

栃木県宇都宮市のこちらのお客様は20年前の新築時に三菱VHK-100KS床暖房ボイラーを取り付けてあるのですが
ダイニングキッチン、リビング、洋間と3部屋に入っていますがリビングだけが暖まらなくなってしまったと言うご相談です。

現在、三菱電機では灯油ボイラーの生産は行っていませんので部品が手に入らない状態です。
お客様にはその旨伝え現場に向かいました。

床暖房が暖まらない場合の故障原因ですが

さて、何が考えられるでしょう?

ボイラーの故障、コントローラーの故障、熱動弁の故障、リモコンの故障、
不凍液、パネル、オイルタンク、制御ボックス
などすべての箇所が原因と考えられます。

こちらのお宅は三菱ですから、パネルは銅管です。
不凍液を定期的に交換していないと深刻な問題が起こる場合もあります。

図面も無く他社が工事をした現場で故障個所を見つけ
的確に修理を行うことは決して簡単な事ではありません。

熱動弁もカバーが無く雨ざらしで、ボイラーと灯油タンクも並んで設置して有り工事に問題が有ります。

この様な素人が工事をした現場では特に修理が難しいです。

百戦錬磨の私ですが、つい目が真剣になってしまいます。

続く・・・・右下をクリック