高崎市の住友林業で建てられたお客様からのご依頼です。

閑静な住宅街ですが、赤城降ろしの冷たい風が吹き付ける現場です。

熱源はオール電化にするので、三菱のエコヌクール50をつけました。
ご存知ヒートポンプは外気温が下がると効率は低下してしまいますので、設置場所は北風の当たらない東側としました。

床下にも北風が入らない様に床下換気口を冬の間だけ塞ぐ工夫もしました。

断熱材は既存物を丁寧に外し再利用してコストを削減しました。
もちろん、輻射式の断熱材も貼り2重断熱としてヒートポンプの低温水でも暖まる使用にしました。

工事で大変だったのは床下に溜まった3センチの砂を掃除機で吸い取るのが大変でした。