灯油ボイラーにはオイルタンクが必ず必要です。

オイルタンクは外部より内部が大事なのです。

写真は錆びてしまい使えなくなったオイルタンクを半分に切断した物です。

切断して見ると錆びているのが良く分かりまね、オイルタンクが錆びてしまう原因は水です。タンクの内部に何らかの原因で水が溜まるとタンクは錆びてしまいます。
良くある原因としては給油してタンクの蓋を閉め忘れて雨水が入った。
入れた灯油に水が入っていた(給油所の地下タンクや給油容器に問題あり)
タンクの内外部の温度差により空気中の水分が結露してタンクに溜まるなどが考えられます。

オイルタンク内に錆が出来るとその錆はだんだんとボイラーに行き噴射ノズルに詰まってしまい故障の原因となってしまいます。

オイルタンクを錆から守る方法は蓋は必ず締める、水の入った灯油は入れない、年に数回は水抜きを行う事です。

床暖房の使い始めには是非オイルタンクのドレンバルブから灯油を抜き取って灯油の中に水が入っていないか確認を行ってください。