2002年に私が床暖房を取付けた群馬県伊勢崎市の住友林業スミリンシステム住宅様のお客様です。

パーパスTP-BSD130R床暖房ボイラーは燃焼はするが暖まらないとお電話を頂きお伺いすると循環ポンプの故障でした。

循環ポンプを交換すればボイラーはまだ使えるので修理をお勧めしましたが、お客様は10年経っているし新しいボイラーに交換をしたいと言う事で交換をする事になりました。(2018年現在パーパスの床暖房ボイラーの部品供給は終了しています)

こちらのお宅はスミリンシステム住宅で床下の土間コンクリートを暖める埋設式床暖房です。配管は13Aサイズでパネル式に比べ太く床暖房システムの容量も大きいです。

ボイラーの選定はいくつかのポイントが有りそれに対応する物を選ぶ必要が有ります。
パーパスのボイラーは定格出力のオンオフ制御でしたが、今度のボイラーは比例制御となっていて燃焼出力の調整が出来るので燃費も良く成り消火時の臭いも少なく成ります。

当社ではボイラー交換の時には10年保障のロングライフ不凍液に交換しますので、通常の不凍液の様に2から3年事に不凍液の交換をする必要が無く結果的にお客様に余分な負担が掛かりません。

交換作業は電気工事士、石油機器技術管理士が3人1組で行いますので3時間程度で完了致します。

工事完了後にはタイマーの設定や取り扱い説明、不凍液の補充方法やオイルタンクの水抜きなどををしっかりと説明させて頂きます。

*床暖房のボイラー交換は燃費の良いエコフィールボイラーをお勧めします。年間1万円以上の灯油代が節約できます。

スミリンシステム住宅様の床暖房工事は400棟以上の実績が有ります。安心してお任せください。

お問い合わせは 0274-50-1237 ヒーティングサービス 清水(社長)までお願い致します。