私の相棒のハイエース2.5ℓディーゼルターボも購入から6年経ち走行距離も125,000Kmと成りました。

さすがに最近はエンジンの音や振動も大きくなり、エンジン内部の洗浄やトリートメント剤などを使ってチューンしなくてはいけないかなと思っていました。

昨年の秋ぐらいからセルモーターの回りが遅くなり始めて、ここ最近の冷え込みで、オイルも硬くなっているのかやっとセエンジンがかかる状態になってしまったのでバッテリーの交換をすることにしました。

私のハイエースは寒冷地仕様のためバッテリーが2個付いています。新車の時から付いているバッテリーは80D26Rでしたが、床暖房の仕事で寒い所にはよく行くので3ランクアップして高性能バッテリー115D26Rを取り付けてみました。

取り替えてびっくり!!やっと回っていたセルモーターがシュルルンと凄くシャープに回転して気持ちよくエンジンがかかります。
エンジンの音も静かになり重ねてびっくり。
うれしくなり走らせて見ると走行中のエンジン音も凄く静かになり、気になった振動も消えました。
まるで新車の時みたい、いやそれ以上と言っても過言ではありません。
冷静に考えてみると、車はナビやETCそれにエンジンでも電気を使っているので、バッテリーの性能が上がるとオルターネーターへの負担も減り、電気を使っているエンジンも回りやすくなり、結果として騒音や振動が減ったのでしょう。
まるでガソリンエンジンになったようです。

ハイエースのオーナーさんでエンジンの音や騒音でお悩みの方は是非バッテリーをハイクラスのものに交換してみてください。きっと満足されると思います。

ちなみに私はNETオークションでバッテリーを購入して、自分で交換したのでとても安く済みました。

今月で車検をして7年目に入るハイエースですが、まだまだ乗れそうです。
ハイエースの買い替えを勧めているトヨタの松島さんには悪いですが、この調子なら買った時の目標25万Kmまでは頑張って乗ってみたいかなと思っています。

自動車はメンテナンスや運転の仕方で長持ちもしますし、エコにもなります。
床暖房もメンテナンスや使い方で長持ちもしますし、環境にも優しく成ります。
まだ使えるものは無理に買い換えずに、上手くメンテナンスをしながら使う事が、お財布にも地球環境にも優しい本当のエコだと思っております。

以上、最近の不景気でお小遣いが少なくなった社長からのリポートでした。