お陰様で最近はホームページからの修理依頼が多くなりました。

お客様が最初言われるのが「他の床暖房屋さんが工事したのですが修理出来ますか」と言われます。

もちろんヒーティングサービスは床暖房の専門会社ですから大丈夫ですと答えます。

写真は埼玉県越谷市のお客様のお宅で、築13年に成るユーロスホームです。工法は土間コンクリートの上に埋設式床暖房を行い床は大理石仕上げの当時は流行ったオシャレなお宅です。

残念ながら工事を行った工務店さんは倒産して連絡が取れず、ユーロスホームさんも今は無いので当社のホームページを見て修理の依頼を頂いたのでした。

床暖房の不具合は不凍液を足しても直に無くなり、ボイラーが停止してしまうとの事でした。
当社に依頼をする前にボイラーメーカーのコロナに来てもらったそうですが、「ボイラーからは不凍液は漏れていないから大理石の下の配管から漏れているのではないですか?ボイラー以外は当社の製品じゃ無いから修理は出来ません」と言って帰ってしまったそうです。

現場に伺うと確かにボイラー周りからは不凍液は漏れていません、住宅の中に入って見ても大理石から不凍液が染み出ている所は無く少し難問と成りましたが。
床暖房配管から不凍液を抜いて見ると、配管の中に空気が多く入っていました。
この年代のボイラーはリザーブタンクにフロートスイッチが付いておらず不凍液の補充を怠ると床暖房配管の中に空気を吸い込んでしまうのです。
空気が配管の中に有る状態でボイラーを運転すると圧力キャップから空気が抜けてリザーブタンクの不凍液を汲み上げます。
リザーブタンクの不凍液が無くなりボイラーの安全装置が働き停止してしまったのでした。

13年経った古い不凍液を抜き、配管を洗浄して新しい10年保障のロングライフ不凍液に入れ替えます。床暖房配管の中の空気もしっかり抜き試運転を行います。
リザーブタンクの不凍液も減らず、しっかり体積膨張した分だけ水位も上がり不具合は直りました。

床暖房システム全体の修理はボイラーメーカーでは出来ません。
ボイラーメーカーはボイラーの修理だけなのです。

床暖房システムの修理、ボイラー交換は床暖房専門店のヒーティングサービスまでお気軽にお電話下さい。
TEL0274-50-1237です。